「青函ワールドジオラマ」って?
-------------------------------------------------------
「青函ワールドジオラマ」は、昨年9月まで、東京お台場「船の科学館」で、青函連絡船「羊蹄丸」に展示されていたジオラマです。

ジオラマといっても、約700平米のスペースに昭和30年代の青森の駅舎、りんご市場、魚菜市場、連絡船の待合室などが実物大で再現されたもので、それはまさにテーマパークともいうべき規模のもの。

お台場「船の科学館」の部分休館にともない、「羊蹄丸」とともに愛媛県の新居浜へと回航され、そこでの一般公開後に解体、破棄される予定でしたが、このたびジオラマの保存を望む有志の署名活動などにより、青森市がその一部を引き受けることが決定いたしました。

しかし、その精巧さゆえ移設と保存に費用がかかり、今後、よりよい形で保存・維持していくためには、みなさまの応援が不可欠な状況です。そこで、「青函ワールドジオラマ残し隊」では、その魅力をより多くの人たちに知ってもらいたと思い、当サイトを制作いたしました。








 About 青函ワールド 

「青函ワールドジオラマ」は、ジェノヴァ国際博覧会(1992年)から帰った羊蹄丸に3年の歳月をかけて綿密に制作され、2011年9月までお台場の「船の科学館」で展示されていました。今回の移設により、その一部が青森市の八甲田丸内に展示されることが予定されています。

 参考 LINK

 フローティングパビリオン羊蹄丸
  (Wikipedia)

 船の科学館 羊蹄丸
  Museum of Maritime Science
「施設案内」の「i see」のところで、ジオラマの様子がわかります(要Java)。


 青函連絡船メモリアルシップ
  八甲田丸  
青森市港湾文化交流施設ホームページ


 あおもりみなとクラブ
  みなとの元気応援隊!あみっく-amic


 羊蹄丸ジオラマ"故郷"へ 
   7月末に青森港で公開予定
   (KYODO NEWS)










 NEWS

・  青函ワールドを紹介するDVDが完成しま
  した。八甲田丸内で上映中です。紹介冊
  子も300円で限定販売中。


 2012年7月31日(火)から
  「青函連絡船メモリアルシップ
  八甲田丸」でジオラマの
  公開がはじまりました。

・  ジオラマの取り外し作業が公開
  されました。

   47NEWS 2012年6月23日

・  青函ワールド“帰郷”のニュースです。
  
47NEWS 2012年6月2日

・  青森市議会が移設費を可決しました。
   毎日新聞 2012年05月31日

・  7月31日から八甲田丸内で公開との
  ニュースがありました。31日は入場料
  を無料とし、年度中は市内の小中学生
  は無料にするそうです。(5月22日読売)

・ 青森市ホームページより
青函ワールドを「八甲田丸に!」 (愛媛県新居浜市)
 【4月29日
羊蹄丸に展示されている青函ワールドの保存を願う署名の提出について
更新日(2012/04/10)

2012年5月2日配信(新居浜市長が「青函ワールド」の無償譲渡を快諾〜「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」内で展示・活用へ)
更新日(2012/05/09)
青函ワールドについて
更新日(2012/04/26)


 青函ワールド:
  青森市長が譲渡依頼 一部移設
   毎日新聞 2012年04月24日

 青函ワールドの引き受け「前向き」
   47NEWS  2012年4月12日

 「羊蹄丸」展示品の移設呼び掛け
  TweetBuzz 
2011年12月




 応援団 LINK

青函ワールド残し隊 代表
若山 多香子

Facebook


津軽ひろさき応援隊
Facebook



清水りま
「猫の時間」ブログ

針の森
「窓をあけて」
ブログ

坂本 睦子
エフエム青森「デリシャスタイム」ブログ


いちご応援団
「いちご応援団」ブログ

津波の被害にあった農家を支援!

津軽ぶどう村
「津軽ぶどう村」ホームページ












□ Copyright (C) 「青函ワールドジオラマ残し隊」 


 






inserted by FC2 system